HOME

       
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
           

主催:フランス演劇クレアシオン 協力:シアターカイ

舞台人なら役立つ、きわめて具体的な演技システムです。

【上級コース】★(プロのための演技法)★
岡田正子指導による「ベラ・レーヌ・システム」演技レッスン

ベラはよくこう言った
「セリフがなくても充分その場の状況が演じられるようになった時、
はじめてチェーホフの宝石のようなセリフが全部生きてくる。」 と

※記録用に撮影する場合があります。 予め、ご了承ください。

日 時  2016年7月16日(土)、17日(日)  13時から17時
会 場   ギャラリーX (墨田区両国2-10-14両国シティコア内 両国シアターX隣り 2階)
レッスン料 (1日につき)  2,000円(1日につき)  + 資料代 200円
 ※1日単位で受講できます。 (1日間合計2,200円/2日間合計4,200円)
募集人数  各12名  ★定員に達したため締め切りました。(2016.6.8)
※希望者多数の場合はご調整をお願いする場合があります。
応募締切  7月12日(火)
対 象  ★岡田正子によるベラ・システム初級ワークショップ受講経験が2回以上ある方
または
 ★岡田正子からベラ・システムの指導を受け、実践にいかしている方
※初めて習われる方は初級にご参加ください。
内 容 ベラ・レーヌ・システムとオータン・ララ夫妻によるメソード
活字になっている部分だけでなく、白紙の部分を大事にすることで、作品全体が何倍もよくなってくる。 ベラの同級で、一番弟子だったニコラ・バタイユの日本での演出活動を14年間、訳・演出助手として助け、演出というものが、しっかりした基礎の骨組みで出来る建造物のようだと思った。と思う。
二コラとは演出家セミナーを二度も開いたが、40年を経た今、ベラの大切な部分とオータン・ララ夫妻のメソードをぜひ伝えておきたいと思う。
※見学は1,000円(1日につき)で受付いたします。
ご希望の方は、「お名前」「メールアドレス」および当日の緊急連絡先として「携帯アドレス」「携帯番号」をご連絡ください。


岡田正子写真 日本で最初にベラ・システムを指導

岡田正子は1955年パリでベラ・レーヌ女史に出会い、日本人として初めて師事。
6年間ベラ・レーヌ・システム(演技の基礎訓練)を学び、教えることを許され、1964年以後日本での普及に努め、今に至り、多くの舞台人が第一線で活躍している。 

教えた学校・組織: 貝谷芸術学院、宝塚歌劇団、テアトル・エコー 養成所、NLT養成所、
坂東玉三郎東京コンセルバトリー、ジャニーズ事務所、
渡辺正行(七曜日)、昴演劇学校、フロントホック、怪人社、
横浜相鉄本多劇場、名古屋演劇教室、名古屋うりんこ劇団
ほか、個人レッスン多数。


岡田正子の演劇活動

1983年以後、商業演劇の網目に入りにくい、きめの細かい、優れたフランスの現代作家の作品を数多く発掘。
自ら訳し、演出する。 1996年、フランス政府より芸術文化勲章(シュバリエ)を授与される。

記号

2011年4月、ジャン・ポール・アレーグル作「天国への二枚の切符」を翻訳・演出し世界初演、好評を博す。また、長年にわたるフランスの作家紹介・擁護に対して、フランスのSACD(劇作家並びに劇作曲家協会)から最高の栄誉である「ボーマルシェ賞(メダル)」、日本人として初めて贈られる。

 
そう!役者が想像力を凝縮させることが出来たら・・・

例えば、寒さでも焼けるような暑さにしても、必ず客席に伝わり、白紙の部分を大事にすることによって、作品全体が何倍もよくなってくる。

ベラの一番弟子だったニコラ・バタイユの日本での演劇活動を訳・演出助手として14年間助けたが、
演出という仕事は如何に基礎工事が大事で、建造物のような作業なのかと言うことだった。
彼は普段から決して理屈っぽい人ではなかったが、作品に対しての演出家の理念については、
オペレッタであろうと、ショーであろうと(宝石ショー,香りのショー)、むろん戯曲でも、非常にシビアだった。

自分自身も本の中でも言っているように、大事な柱が二つあると。ベラ・レーヌ、そしてオータン・ララだと。

お問合せ: フランス演劇クレアシオン
メール

お申込みは、こちら から  

※メールアドレスをお持ちでない方は、「お名前」、「ご連絡先」等をFAX送信してください。

FAX用 受講申込書(PDF)
右クリックし、[対象をファイルに保存]を選択してください。

FAX: 020-4668-7149


ベラ・レーヌ・システムは、五感をフル回転し、想像力を豊かにする演技実践体系です。

ニコラ・バタイユ、ロジェ・デフォッセ、J.ロバンソンほかヨーロッパの一流舞台人が指導を受けました。 
日本人として最初に入門した岡田正子をはじめ、高英男、伏屋順二などもパリで直接指導を受けました。


なかでも岡田正子は、1964年以来40年に渡り日本の数多くの演劇人にこのシステムを教えてきました。
また、1970年には、ベラ・レーヌの来日を実現し、講習会・公演を通じて、日本の演劇人とも直接触れ合う機会を作りました。

 

 

       
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
HOME