HOME

       
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
           

主催:フランス演劇クレアシオン 協力:シアターカイ

★ベラ経験者限定★ 今回限りの特別ワークショップです。

【特別WS】岡田正子指導によるベラ・レーヌ・システム
ニコラ・バタイユ−舞台の魔術師と云われた秘密を探る−

イヨネスコが旋風を起こした不条理劇<禿の女歌手>で、文字の解体により、
それ迄のせりふの云い方では成り立たなくなった時(ニコラいわく“フランスの役者はパニックに陥った。”と。)、
ニコラはベラ・システムの一番大事な柱である<心の中のせりふのヒント>によって解決法を見出した。
そして<禿の女歌手>は1950年5月11日ノクタンビュール劇場での初演以来、いまだにロングランが続いている。
ニコラ・バタイユが『舞台の魔術師』と云われるのには、作品とその理念を大事にした建築工事とも思える基礎工事がある。
ニコラにはすばらしい想像力があり、それを舞台上で生かし、観客に伝える技術が見事だ。

※記録用に撮影する場合があります。 予め、ご了承ください。

日 時  2017年8月24日(木)、25日(金)、26日(土)  13時から17時
会 場   ギャラリーX (墨田区両国2-10-14両国シティコア内 両国シアターX隣り 2階)
レッスン料 (1日につき)  2,000円(1日につき)
 ※3日間ご参加がむずかしい場合、1日単位で受講できます。
募集人数  各20名 
※希望者多数の場合はご調整をお願いする場合があります。
応募締切  8月14日(月) 20時
対 象  ★岡田正子によるベラ・システム初級ワークショップ受講経験が1回以上ある方
または
 ★岡田正子からベラ・システムの指導を受け、実践にいかしている方
※初めて習われる方は見学をお申し込みください。
内 容 ≪1日目≫
五感に受ける凡ゆる例を使って、役者の想像力が観客に届くにはどうすればよいか?
レセプシオン、心の中のせりふ等

≪2日目≫
例えば、上級者が演出家、初級者が役者として参加し、様々な例を使って短いシーン、詩、<私は太田、ヒロシマの川>の1シーン等を、実際に演じてもらう。
≪3日目≫
これまでの総まとめ。時間の余裕があればベラの上級の為のテーマを試してみる。
質問回答・フィードバックをかねたトーキングタイムあり。

今回限りの機会です。全日参加いただき、ご自身にとって貴重なヒントを得てください。

※見学は1,000円(1日につき)で受付いたします。
ご希望の方は、「お名前」「メールアドレス」および当日の緊急連絡先として「携帯アドレス」「携帯番号」をご連絡ください。


岡田正子写真 日本で最初にベラ・システムを指導

岡田正子は1955年パリでベラ・レーヌ女史に出会い、日本人として初めて師事。
6年間ベラ・レーヌ・システム(演技の基礎訓練)を学び、教えることを許され、1964年以後日本での普及に努め、今に至り、多くの舞台人が第一線で活躍している。 

教えた学校・組織: 貝谷芸術学院、宝塚歌劇団、テアトル・エコー 養成所、NLT養成所、
坂東玉三郎東京コンセルバトリー、ジャニーズ事務所、
渡辺正行(七曜日)、昴演劇学校、フロントホック、怪人社、
横浜相鉄本多劇場、名古屋演劇教室、名古屋うりんこ劇団
ほか、個人レッスン多数。


岡田正子の演劇活動

1983年以後、商業演劇の網目に入りにくい、きめの細かい、優れたフランスの現代作家の作品を数多く発掘。
自ら訳し、演出する。 1996年、フランス政府より芸術文化勲章(シュバリエ)を授与される。

記号

2011年4月、ジャン・ポール・アレーグル作「天国への二枚の切符」を翻訳・演出し世界初演、好評を博す。また、長年にわたるフランスの作家紹介・擁護に対して、フランスのSACD(劇作家並びに劇作曲家協会)から最高の栄誉である「ボーマルシェ賞(メダル)」、日本人として初めて贈られる。

 

<小空間の魔術師>と言われたベラの一番弟子ニコラ・バタイユと14年間24もの作品(戯曲,オペレッタ,ショー等)に、
訳者・演出助手として参加。ベラの舞台への応用が出来たことは一生の宝物!と、いつも書いたり話したりしている。

もう一人の親友で同級生だったロジェ・デフォッセ(脚色)、ニコラ(演出)、岡田(訳)による
モーパッサン原作『テリエ館』(1975)、『ボンソワール・オッフェンバック』(1976)で、2年続けて文化庁芸術祭優秀賞に輝き、出演者全部が受賞した!
それは出演者全員がシャープな想像力でなければ成り立たない。

お問合せ: フランス演劇クレアシオン
メール

お申込みは、こちら から


ベラ・レーヌ・システムは、五感をフル回転し、想像力を豊かにする演技実践体系です。

ニコラ・バタイユ、ロジェ・デフォッセ、J.ロバンソンほかヨーロッパの一流舞台人が指導を受けました。 
日本人として最初に入門した岡田正子をはじめ、高英男、伏屋順二などもパリで直接指導を受けました。


なかでも岡田正子は、1964年以来40年に渡り日本の数多くの演劇人にこのシステムを教えてきました。
また、1970年には、ベラ・レーヌの来日を実現し、講習会・公演を通じて、日本の演劇人とも直接触れ合う機会を作りました。

 

 

       
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
HOME