HOME

       
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
           
出演者の西本裕行が 4月19日 急性大動脈かい離により 急逝しました。
稽古にも全力で励んでいましたが とても残念な悲しいことです。
代役も考えましたが とても急なことであり、 一部演出を変更し、出演者の坂本岳大が 声だけで代役をすることになりました。

世界初演!!


チラシPDF

『私は太田、広島の川』 - 朝は、夜の闇に包まれた - 

シアターX・フランス演劇クレアシオン提携公演
ジャン・ポール・アレーグル 作 ・ 岡田正子 訳/演出

この劇は32景から成り、長い間すべてを見つめてきた太田川が芯となって進められていく。
アメリカでは、<マンハッタン計画>が科学者や推進派らの手によって綿密に、スピーディに進められている。一方、広島では穏やかで安らかな日々が流れている。
おびただしい数の研究や実験を経て、いよいよエノラ・ゲイ機は飛び立つ。広島はいつもと同じ、眩しい朝、突如、一万メートルの高さから相生橋の太田川が標的に。
しかし、大いなる川。太田川は力を振り絞って、被害者や死者のことを伝え、我々に訴え続ける。人間の尊厳を! 平和の尊さを! 大自然の美しさを! 皆で守って!と


2015年4月23日(木)〜26日(日)
シアターX(東京・両国) 東京都墨田区両国2-10-14 Tel.03-5624-1181

前売:3500円(当日:3800円) / 学生:2500円 ※公演当日学生 証提示  ★日時指定・全席自由


開演時間 4月23日(木) 4月24日(金) 4月25日(土) 4月26日(日)
14:00

19:00

Cast 太田川:白川万紗子 / あけみ:末次一恵 / よし:榎太誠 /ルーズベルト大統領:西本裕行
トルーマン大統領:落合弘治 / ブッシュ大統領補佐官:鷲巣照織 /ポール ティべッツ空軍大佐:坂本岳大
ピエール・キュリー:原昂史 / 影の人物:原昂史、高橋信康、末次一恵、東山凛子

今回上演するのは、ジャン・ポール アレーグルが初めて日本を書いた作品である。まさしく、世界初演である。
アレーグルは2012年4月24日、広島県の平和記念館を訪れ、広島知事・湯崎氏と感動的出会いがあった。「日仏文化協会ボー・レザン」の記念祝賀会が広島美術館で開かれており、アレーグルも主催者側の一人として参加していたため、そういった一連の流れを経て、この戯曲は生まれてきたのだ。
この戯曲は史劇ではなく、ここで語られる出来事はまぎれもない事実なのである。ジャン・ポール アレーグルならではの感性と詩情。世界平和が叫ばれる今、本当の平和とは何か是非考えていただきたい作品である。


Staff 美術:皿田圭作 / 音楽:北爪道夫 / 音響:富田健治 / 照明:朝日一真 / 衣装:井上よしみ
舞台監督:川前英典 / 演出助手:坂本岳大、高橋信康 / 舞台写真:中川忠満
制作協力:貝山幸子、東山凛子、小倉美香 / 制作・主催:フランス演劇クレアシオン

お問合せ Eメール frenchdrama@uv.main.jp
*公演期間中のお問合せ: シアターX Tel.03-5624-1181

チケット予約
 

フランス演劇クレアシオン チケットオンライン予約

カンフェティーチケットセンター 0120-240-540(平日10時〜18時)


笹川ロゴ 助成: 笹川日仏財団

協賛: 鹿島建設(株)

著作権管理: (株)フランス著作権事務所

主催・制作: フランス演劇クレアシオン
 芸術文化振興基金助成事業 


           
  公演ニュース 岡田正子の紹介 岡田正子の主な作品 訳書・寄稿 BOOKS紹介  
  過去の公演 ベラ・レーヌの紹介 ベラ・システム教室 リンク メール  
HOME